医師

心療内科で不安を解消しよう|頼もしい助っ人を活用しましょう

体の不調を治す

医者

不安や心配事を抱えているとき、身の回りに相談できる家族や友人がいればあまりストレスを溜め込まずにすみます。しかし、人との繋がりが薄れている今は、自分の悩みをなかなか人に打ち明けることが出来ずに、一人で抱え込んで自分を追い込んでしまう人も少なくありません。不安や心配事が解消されないと、次第に気分が落ち込んでいき、精神状態が不安定になって体に異常をきたしてしまいます。主な症状として、慢性的な頭痛に悩まされたり、緊張して胃が痛くなったり吐き気がするなどがありますが、心労が溜まって体調不良が起こったら横浜の心療内科を受診するべきです。横浜には精神的なストレスからくる体の不調を治すために心療内科がいくつかあります。人には言えない悩みごとを先生に相談すれば、自ずと肩の荷が下りて体調も良くなっていきます。

横浜で心療内科を受診する際、事前に精神科との違いを把握しておくべきです。実はこの2つの診療科は類似していて、あまり受診する機会もないので多くの人は具体的な違いがよくわかっていません。一般的に、精神科では精神的な病気の治療を行なっています。うつ病や統合失調症など、主に心に症状が現れる病気を取り扱っています。このような心の病気はあまり体に不調が現れることはありません。対して横浜の心療内科では、心の不調が原因で現れた体の問題を解決する場所です。主に心身症と呼ばれる病気を中心に治療していますが、嫌なことがあって動悸やめまいがする、便秘や下痢の症状がある場合は心療内科の受診が最適です。